栄養部
職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬学部ブログ

リハビリテーション部

牧田総合病院本院・蒲田分院のリハビリテーション部はリハビリテーション専門医(本院・非常勤2名、分院・非常勤2名)、理学療法士(PT) 63名(本院26・分院37)、作業療法士(OT) 25名(本院9・分院16)、言語聴覚士(ST) 15名(本院7・分院8)で、疾病や外傷によって障害を持った方が損なわれた機能を回復し、社会生活をその人らしく営めるよう各部門の専門性を発揮して治療に当たっています。
施設基準は脳血管疾患Ⅰ、運動器疾患Ⅰ、呼吸器疾患Ⅰを取得しています。
(平成28年6月1日現在)
急性期:臥床のためのさまざまな能力低下を防ぎます。
回復期:比較的安定した状態の中でリハビリに専念します。
維持期:回復期後に体力向上や能力低下(廃用)を防ぎます。
入院する各科ごとに治療の特徴があります。各科詳細は診療科目一覧をクリックしてください。
リハビリには理学療法、作業療法、言語聴覚療法があり、それぞれの専門分野で急性期、回復期、維持期(外来等での訓練期間)に適応した訓練を行います。それぞれの分野の説明は下記を参照してください。

理学療法科 PT

病気や怪我などにより身体が不自由となられた方に対して、退院後のよりよい生活を目標とし、運動療法や物理療法などを用いて身体機能の回復・維持を図ります。また動作や日常生活の 指導、福祉用具の選定、住宅改修・ 環境調整、在宅ケア、障害予防も理学療法の対象となっています。

作業療法科 OT

脳血管障害(脳卒中など)、整形疾患(骨折、リウマチなど)を患うと、手足に麻痺が起きたり、病気による物忘れが生じたりすることで、日常生活に様々な問題が生じます。作業療法では、寝返りから食事・トイレ動作といった実際の日常生活場面を想定した訓練を行います。また、記憶力や集中力の低下などに対して認知機能訓練も行います。

作業療言語聴覚科 ST

言語聴覚療法では、コミュニケーションや食べ物を飲み込むことに障害を持つ方に対してリハビリテーションを行います。適切な評価に基づき、ことばの機能や発音の練習等を行い、より豊かな生活を送ることが出来るように援助しています。例えば、失語症や構音障害、嚥下障害といったものに専門的な治療を行います。

急性期を過ぎると・・・

急性期を過ぎると患者様の状態に合わせて回復期リハビリテーション病棟へ移行したり、入院時の病棟でさらにリハビリ、加療を続けたりしながら退院を目指します。どの方向性を取るかの決定にあたっては、患者様とご相談をしていきます。
退院(ご自宅、施設など)
退院後も外来や訪問リハビリをはじめ、さまざまな支援の機能があります。
ご参考までに医療福祉部のページをご覧ください。

回復期リハビリテーション病棟

家庭復帰と社会復帰を目的としたリハビリテーションを行うのが、回復期リハビリテーションです。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーが共同でプログラムを作り、病棟で日常生活動作の訓練を実施します。チームでリハビリテーションに取り組むため、より大きな効果が期待されます。

適応患者様は、

  1. 脳血管疾患、脊椎損傷等の発症(又は手術後)2ヶ月以内の患者様
  2. 大腿骨、股関節等の骨折(又は手術後)2ヶ月以内の患者様
  3. 外科手術や肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群する患者様で発症後(又は手術後)2ヶ月以内の患者様
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経・筋・靱帯損傷後1ヶ月以内の患者様で、約3ヶ月間のリハビリテーションを行い、在宅復帰の支援を行います。
ページの先頭へ