先輩の声

先輩看護師の声(その4)

入職年月:2016年4月
卒業学校:日南看護専門学校
所属:看護部 2号館3階病棟
Q1 看護師を目指すきっかけ
A1

高等学校在籍時に1ヶ月ほど入院したことがあり、そのことが理由で進路に悩んだことがありました。その時、入院中に相談に乗って下さった看護師の方を見て、看護師という仕事に魅力を感じました。その後、様々な職場体験などに参加し、看護師はとてもやりがいのある仕事だと感じ、看護師になるという進路を選択しました。

Q2 牧田総合病院に入職を決めた理由
A2

牧田は新入職者への教育に力を入れており、実際の現場でしか学べないことをじっくり学び、身につけることができるという点に最も魅力を感じました。また、病院の立地もよく交通の便が良いという点も当院への入職を決めた理由の一つです。

Q3 現在はどんな仕事をしていますか?
A3

2号館3階病棟という主に消化器をメインとした周術期の患者様が入院される病棟に所属しています。患者様が、安心して手術を受けられるような関わりや、術後合併症が生じることなく退院まで療養生活を送れるよう全身状態の観察や処置、離床活動のサポートなどを主に行っています。
入職して1年が経ち、まだわからないこともたくさんありますが、先輩スタッフへの報告、連絡、相談を大事にしながら業務を行っています。

Q4 牧田で働いて良かったことは何ですか?
A4

牧田で働いて良かったと感じたことは、実際に看護師として働き始めて分からないことが多くあるなかで、プリセプターを中心とした先輩スタッフの方々が丁寧に指導して下さり、実際の医療現場で必要な知識、技術をじっくりと学ぶことができたことです。

Q5 働いていて大変だったことは何ですか?
A5

大変だったことは、私生活と自己学習の両立です。入職して間もない時期には分からないことばかりで日々自己学習を行っていかなければなりませんでした。初めての一人暮らしで、毎日の家事の合間に学習をしていくのはとても大変でしたが、先輩方のサポートにより自分のペースで学習を進めることができ、なんとか私生活との両立をすることもできました。

Q6 仕事をする上での心がけ
A6

毎日、繁忙な業務を行っていく中でも当院の理念である愛情・親切・丁寧の実践を胸に、患者様ひとりひとりへ個別性のある看護を提供することを心がけています。

Q7 やりがいを感じるとき
A7

自分が関わった患者様が入院前と同じような生活へ戻ることができ、笑顔でご退院される時に最もやりがいを感じることができます。

Q8 得意な仕事分野、自分の強み
A8

入職して1年が経ちましたが、まだまだわからないことが多くあります。この1年間で周術期における患者様との関わりにおいて、合併症の予防や社会復帰のために早期での離床ができるようサポートしていくことが重要だということを学び、実践することで看護・サポートの重要性を強く感じることができたと思います。

Q9 これからどのような看護師を目指すのか
A9 これから看護師として業務をこなしていく中でも患者様を第一に考えるということを忘れず、患者様に満足していただける看護を提供できるような看護師になりたいと思っています。
Q10 座右の銘
A10 日進月歩
日々学習をしていかなければならない看護師という仕事であるため、毎日少しでも新しい知識・技術を身につけることを大事にしています。 
Q11 未来の後輩へ一言
A11 入職してからは慣れない業務や日々の学習など大変なことがたくさんあります。しかし、それ以上に患者様との関わりから看護師という仕事のやりがいを感じることができます。1人ではつらくなることもありますが先輩スタッフの方々が丁寧にサポートして下さるので安心して下さい。きっと看護師として充実した生活を送ることができると思います。
インタビュアーの独り言

カラオケ大好き前君。看護師二年目ということもあり、羨ましいほどの若さを感じました。外科病棟で働くことが好きだと言い、今も必死で勉強しています。一年目は色々と苦労をしたようですが、仲のよい同期と支え合い、先輩に助けられ、今では一人前です。一年目の苦労を知る前君が指導する側になったら、良い先輩になるだろうなと思いました。

求人情報
インターンシップ
先輩たちの声
福利厚生
関連ページ