先輩の声

先輩看護師の声(その3)

丸山 菜々美  入職年月:2008年9月
卒業学校:神村学園高等部
所属:看護部 本館4階病棟 主任
Q1 看護師になりたいと思ったきっかけは何ですか?
A1 小さい頃から母に「看護師さんになってくれたら嬉しいな」と言われ、看護師になることが当たり前だと思っていました。
Q2 牧田総合病院に入職を決めた理由は何ですか?
A2 友達が、働きやすいと勧めてくれたのがきっかけです。また卒業校の奨学金先ということも理由の一つです。
Q3 現在はどんな仕事をしていますか?
A3

現在は、脳外科の主任としてSCU(stroke care unit)勤務を行っています。手術後や緊急入院の患者様を受け入れる急性期病棟で働いています。新人のときに人工呼吸器を基礎から学んだ成果を存分に発揮できる病棟です。人工呼吸器に関しては得意です。

Q4 牧田で働いて良かったことは何ですか?
A4

脳外科病棟は、医者・看護師の仲が良く、とても働きやすいです。また、先輩スタッフも愛情故に厳しいときもありますが、いつも笑顔で挨拶してくれ手助けしてくれます。

Q5 働いて大変だったことは何ですか?
A5

業務は日々大変なのできついなと思うこともありますが、嫌だと思ったことはありません。

Q6 仕事でやりがいを感じるときは何ですか?
A6 術後の患者様の経過が良好で会話ができるようになり、入院してきた当初の思い出話ができたときです。意識が良くなってきた患者様との、何気ない会話にやりがいを感じます。
Q7 これからどのような看護師を目指すのか
A7 今までは、自分の成長を主体としてきましたが、今後は後輩育成に取り組める看護師になりたいです。
Q8 座右の銘
A8 『有言実行』
 自分の言ったことは責任を持ってやる。もし、できなくても必ず再チャレンジ!
Q8 未来の後輩への一言
A8 未来の後輩へ。
 今の私が言えることは、看護師という職業は本当に楽しく、やりがいのある仕事ということです。学生時代は実習や、試験勉強なので辛い思いもたくさんあると思います。でも、そこを乗り越えてください。そうしたら、看護師になって良かったと思える日々が来ます。必ず来ます!
 私は、看護師の仕事が大好きです。この仕事に導いてくれた両親に感謝しています。みなさんにもそう思ってもらえるように一緒に頑張りたいと思います。
インタビュアーの独り言
仕事終わりに激辛ラーメンを食す葉山さん。コミュニケーションを取ることを心掛け、朝の挨拶は欠かすことはありません。あの笑顔で挨拶されたら、自然と笑顔になること間違いなし。こんな素敵な看護師と一緒に仕事ができたら、毎日楽しいだろうなぁ。
求人情報
インターンシップ
先輩たちの声
福利厚生
関連ページ