牧田総合病院の地域ささえあいセンターページ 大田区大森・蒲田

top

地域ささえあいセンターとは

牧田総合病院 地域ささえあいセンターについて

社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院は、専門的な急性期医療から回復期リハビリテーションや療養型医療、予防医学、介護老人保健施設、在宅医療・介護サービスという急性期から在宅医療、予防医学までの包括的な医療体制を構築し、大田区を中心とした城南地区の地域医療に貢献しております。

具体的には「脳卒中センター」や「消化器病センター」を有する急性期医療はもちろん、現在36床の透析ベッドを持つ「腎センター」、「地域包括ケア病棟」や「回復期病棟」、「療養型病棟」を持ち、「訪問看護ステーション」、「介護サービスセンター」、「地域包括支援センター」、さらに介護老人保健施設「大森平和の里」も併設しております。

地域ささえあいセンターの仕事とは

上述のような牧田総合病院グループが持つ医療サービスと地域の皆様はもちろん、かかりつけ医の先生方及び担当行政機関や介護関連施設とを有機的に結びつけ、より密着した地域医療体制へと構築していく業務を当地域ささえあいセンターは担っております。

図で見る地域ささえあいセンターの主な業務
地域の高齢者の安心・健康をサポートするネットワーク事業
地域ささえあいセンター組織図
組織図
  • 大田区地域包括支援センター入新井
  • 医療福祉相談室
  • 牧田デイケアリハビリセンター
  • 牧田介護サービスセンター
  • 企画広報グループ
  • 牧田総合病院
ページのトップへ