沿革
職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬学部ブログ
  • おおもり語らいの駅Blog

沿革

昭和17年
(1942年)
10月 大森、入新井町の牧田医院を開業
昭和18年
~20年
(1943年
~1945年)
  創設者牧田 中、陸軍軍医として従軍
昭和21年
(1946年)
10月 大森、入新井町(現在地)に牧田医院を再開する。(診療科目:内科・小児科)
昭和23年
(1948年)
6月 病室を増築し有床医院となる(病床数16床)
昭和27年
(1952年)
4月 病棟を増築して牧田病院となる(病床数24床)
12月 財団を設立して法人組織に切替える。
名称を医療法人財団 牧田病院に変更
昭和28年
(1953年)
4月 新病棟を増築して増床<本館及び第1病棟と呼称>(病床数75床)
診療科目に外科・放射線科を増設
昭和30年
(1955年)
5月 第一病棟を増築して増床(病床数115床)
診療科目に耳鼻咽喉科を増設
昭和32年
(1957年)
3月 本館を増改築して増床(病床数140床)
診療科目に眼科・産婦人科を増設
昭和33年
(1958年)
10月 基準給食の承認を受ける
昭和35年
(1960年)
2月 大田区大森1-34-10に第二牧田病院を新たに開設(病床数43床)
診療科目 神経科
3月 基準寝具の承認を受ける
5月 大田区大森北1-33-6に仁医会診療所を新たに開設(人間ドック専用 病床数5床)
6月 法人の名称を医療法人財団仁医会と改称
9月 本館を増改築して増床(病床数169床)
診療科目に歯科を増設
昭和36年
(1961年)
4月 仁医会診療所を牧田第三診療所と改称(病床数10床に増床)
昭和40年
(1965年)
6月 第二病棟を全面改築(鉄筋7F)(病床数60床)
7月 第三診療所を増床(病床数19床)
昭和43年
(1968年)
8月 新本館を増改築(第一期工事・鉄筋地下1F・地上6F)
診療・管理部門を移転し、旧本館は1号館と呼称(病床数144床)
診療科目に泌尿器科・皮膚科を増設
11月 第二病院を本院に吸収合併し、2号館と改称(総病床数234床)
昭和44年
(1969年)
1月 総合病院の名称使用の認可を受ける
6月 診療科目の内、歯科を一時休止
昭和47年
(1972年)
6月 1号館を増改築(鉄筋地下1F・地上6F)
12月 既存建物の全面改修実施(鉄筋地下4F・総病床数284床))
昭和48年
(1973年)
4月 2号館の内部改修によりドック専用病室を整備(総病床数305床))
昭和51年
(1976年)
8月 本館の第二期総改築工事(除厨房棟)が完成し、本館と1号館は渡道橋にて連結(総病床数333床)
昭和52年
(1977年)
9月 厨房増改築工事完了(鉄筋地下1F・地上2F)
昭和54年
(1979年)
6月 診療科目に歯科再開
牧田第三診療所を全面改修(病床数19床)
人間ドック及び人工透析を主体とする人間ドック宿泊専門施設として3号館隣接地にマンションを併設(2LDK 4戸、 3LDK 4戸 計8戸 25人用)
昭和56年
(1981年)
4月 診療科目に心療内科を増設
昭和58年
(1983年)
3月 大田区大森北4-6-21に看護婦寮新築
昭和60年
(1985年)
6月 牧田総合病院付属診療所開設(鉄筋地上6F)健診センターと呼称
昭和61年
(1986年)
4月 牧田総合病院付属歯科医院開設
9月 第三みずほビルに新病棟増設(2号館)
10月 運動療法施設適合基準を受ける
昭和62年
(1987年)
2月 2代目理事長院長に田原重忠が就任
10月 結核病棟を廃止し一般病棟へ変更する(総病床数361床)
昭和63年
(1988年)
1月 基準看護1類の承認を受ける
平成元年
(1989年)
5月 基準看護特1類の承認を受ける
診療科目に理学診療科を増設
平成2年
(1990年)
1月 第三みずほビル2階全フロアーを増設(2号館)(総合医局、管理棟で使用)
本館2階外来部門の改修工事が完成
5月 本館3階~5階の改修工事が完成(準ICU室的設備と中央材料室の充実)
診療科目に脳神経外科・神経内科を増設
8月 本館1階外来部門の改修工事が完成
9月 健診センターの施設設備及びスタッフ等の認定基準が承認され労働省、中央労働災害防止協会の認定医療機関となる
11月 健診センター(第三診療所)の全面改修工事完成(一般撮影透視1台増設)
(病室廃止 病床数0)
平成3年
(1991年)
1月 本館6号病棟の改修工事が完成
3号館1階(カプセル型ジャミックシャワーベット新設)
4月 大田区より心身障害者(児)緊急一時保護施設の委託を受ける
5月 外来調剤を院外処方箋に切替実施
7月 MRI(磁気共鳴画像診断)装置を導入設置
平成4年
(1992年)
1月 基準看護特2類の承認を受ける
4月 3代目院長に牧田芳久副院長が就任
9月 基準看護特3類の承認を受ける
10月 創立50周年記念祝賀会 於ホテルパシフィック東京
50年史発行(国立図書館及び全国の図書館に寄贈)
平成6年
(1994年)
1月 3号館6~7階全面改修工事完了
糖尿病教育入院を開始
10月 第35回日本人間ドック学会 学会長を務め開催
平成7年
(1995年)
3月 訪問看護ステーションを開設
6月 新看護体制へ移行
平成8年
(1996年)
6月 MR(磁気共鳴画像診断)装置を最新式に入替える
平成9年
(1997年)
5月 3代目理事長に田原亮一が就任
平成10年
(1998年)
3月 看護婦寮(ひまわり寮)5階建完成
平成11年
(1999年)
3月 本館正面玄関・救急専用入口全面改修
12月 分室建物全面改修
平成12年
(2000年)
1月 訪問看護ステーション分室へ移転
4月 地域包括支援センター開設
介護サービスセンター開設
6月 高気圧酸素治療機器導入
3号館1階~5階全面改修工事完了
平成13年
(2001年)
7月 麻酔管理料
平成14年
(2002年)
4月 言語聴覚療法(Ⅱ)の施設基準届出
平成15年
(2003年)
11月 院内学会 第1回 開催
平成16年
(2004年)
4月 介護老人保健施設(大森平和の里)開設 (入所100名・通所30名)
8月 3号館及び本館4階改修工事完了
病床数296床(一般病床258床、療養病床38床)
10月 回復期リハビリ病棟の施設基準届出(30床)
11月 院内学会 第2回 開催
平成17年
(2005年)
2月 給食(調理)業務を外部委託へ移行
4月 中央材料室業務を外部委託へ移行
6月 総合リハビリテーションB施設の施設基準届出
11月 院内学会 第3回 開催
12月 産科(分娩)を廃止。第一種助産施設廃止届出
高気圧酸素療法室、3号館2階より本館3階へ移設
診療情報管理室を2号館2階医事部内に設置
平成18年
(2006年)
1月 診療情報管理加算
心療内科・精神科廃止
2月 本館4階全面改修・本館6階一部改修工事完了
本館4階 脳卒中センター開設
3月 小児科、皮膚科廃止
4月 入院基本料 10:1
栄養管理実施加算
救急医療管理加算
入院時食事療養(Ⅰ)
手術の施設基準
輸血管理料(Ⅱ)
リハビリテーション(脳Ⅰ)
(運Ⅰ)(呼Ⅰ)
7月 療養病棟入院基本料2
平成19年
(2007年)
2月 院内学会 第4回 開催
6月 1号館5階・6階改修工事完了
1号館5階内視鏡センター開設
病床数284床(一般246床、療養38床)
平成20年
(2008年)
2月 院内学会 第5回 開催
平成21年
(2009年)
2月 院内学会 第6回 開催
12月 ホームページをリニューアル
平成22年
(2010年)
2月 院内学会 第7回 開催
4月 診療材料SPDシステム導入
給食業務の外部委託先を変更
6月 4代目院長に小谷奉文副院長が就任
平成23年
(2011年)
2月 院内学会 第8回 開催
4月 医療法人から社会医療法人へ組織変更
5月 気仙沼に医療救護班(4チーム)を派遣
平成24年
(2012年)
2月 院内学会 第9回 開催
6月 4代目理事長に荒井好範が就任
8月 新看護基準7:1
9月 第1回大規模災害訓練実施
12月 人間ドック健診クリニック西蒲田へ移転
平成25年
(2013年)
1月 西蒲田に蒲田分院開設
2月 院内学会 第10回 開催
4月 歯科口腔外科1号館に移転
9月 ホームページをリニューアル
11月 第2回大規模災害訓練実施
平成26年
(2014年)
1月 牧田デイケアリハビリセンター開設
2月 院内学会 第11回 開催
5月 地域包括ケア病棟開設
10月 診療科目に形成外科を増設
電子カルテ導入
11月 第3回大規模災害訓練実施
平成27年
(2015年)
2月 院内学会 第12回 開催
10月 診療科目に精神科・皮膚科を増設
11月 第4回大規模災害訓練実施
平成28年
(2016年)
2月 院内学会 第13回 開催
12月 第5回大規模災害訓練実施
平成29年
(2017年)
2月 院内学会 第14回 開催
4月 牧田総合病院 健診プラザOmori開設
5月 おおもり語らいの駅 開設
11月 第6回大規模災害訓練実施
平成30年
(2018年)
2月 院内学会 第15回 開催
ページの先頭へ