職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬剤部ブログ

新年のご挨拶

理事長 荒井 好範

皆様、新年明けましておめでとうございます。
令和2年の新春を迎え、心よりお慶び申し上げます。
現在の牧田総合病院はすべての建物が築30年以上経過し、老朽化が顕著となってまいりました。古く、狭い建物であるが故、患者様にとって療養環境が悪く、職員においても働きやすい環境とは言えません。災害時にも十分な医療機能を提供するためには耐震化も必要です。これらの問題を解決するには新病院を建築するしかありません。
当院は昭和17年に初代 牧田中院長が大田区大森に医院を開設し、以降地域の皆様のご協力とともに今日に至っております。長きにわたり大森の方々に支えられてきましたが、大森には移転の適切な土地が見つからず、苦しい選択ではありましたが、隣接駅の蒲田駅周辺に新築移転いたします。
つきましては大森牧田クリニックの開設、蒲田分院の増設など法人全体でプロジェクトを進行し、今後蒲田を拠点として東京都区南部2次医療圏を中心に、地域が必要としている医療、私たちが実現したい医療は何かを見つめ直し、理想的な医療体系を構築していきます。

令和2年1月
社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院
理事長 荒井 好範

プロジェクト2020

1. 本院新築移転 (2021年1月開院予定)

新病院のコンセプト

従来の病院イメージから脱却し、誰もが立ち寄れる病院らしくない病院、機能的で安全性の高い病院、いつでも誰でもかかりやすい病院を目指します。

  • 救急医療の強化
    地域の中核となっている救急医療をさらに充実し、救急車搬送件数 年間1万台を目指します。
  • 高度で専門的な医療
    脳疾患、脊椎脊髄疾患、消化器病、腎疾患などを中心に、高度で専門的な医療の充実を図ります。
  • 周産期医療
    分娩を再開し、地域の中核的総合病院として誕生から終末期までを支える病院にします。
  • 健診体制の強化
    人間ドック、生活習慣病健診、区民健診等の専門フロアを設け、予防医療の強化を行います。
  • アメニティの向上
    従来の病院イメージから脱却し、誰もが立ち寄れる病院、地域から信頼され、機能的で安全性の高い病院にします。

大森牧田クリニック開設 (2021年1月開院予定)

  • 外来
    内科、脳神経外科、整形外科の主要3科の外来診療を継続します。
  • 外来透析センター
    透析は大森で継続します。入院が必要な透析は蒲田の新病院で行います。
  • 画像検査センター
    MRI、CT、超音波検査は継続して行います。(最新機種導入)

3.回復期リハビリテーション病棟増床 (2021年夏予定)

回復期リハビリ病棟を60床から99床に増床し、大田区におけるリハビリの拠点にします。

ページの先頭へ