職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬剤部ブログ

新年のご挨拶

病院長 小谷奉文

 あけましておめでとうございます。平成31年を迎え、新年のご挨拶をさせて頂きます。
 まずは昨年10月末に報道された結核の集団感染に関しまして、皆様方には大変ご心配やご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
 すでにご存じの方も多いかと思いますが、改めてご説明させて頂きます。
 当該患者(発端感染者)が平成29年11月29日当院を救急受診、重症肺炎の診断で入院。画像診断での肺結核診断は困難、痰も出ず検査不可。スクリーニングとして入院時血液での結核検査を施行していましたが、結果判定まで数日を要します。全身状態悪化し気管内挿管、人工呼吸器装着あり。ここで入院時に施行した結核検査が陽性と判明、同年12月5日専門病院へ転院となりました。
 大田区保健所へ届出、指導のもと接触者健診を施行。結核の発症や感染には月単位を要し、遺伝子型判明後集団感染の発表となりました。
 現在はどなたも結核菌の排菌はなく、他の方に感染させる恐れはありませんのでご安心下さい。
 大森本院の基本方針のひとつに、「断らない救急医療の充実」があり、具合の悪い患者様は出来る限り診療に当たりたいと考えておりますが、病院として集団感染を繰り返さないよう既に対策を講じております。
 当法人の理念は、医療・看護・対応に対する「愛情・親切・丁寧」の実践、また法人の基本方針は、「急性期医療から在宅まで、予防・看護・介護を含めたトータルケアを提供し、地域の安全安心に貢献する」ことです。
 一昨年脊椎脊髄センター開設し、日本全国より対象患者様が受診、厳格な適応のもと手術件数はかなり増えております。
 予防医学として蒲田の「人間ドック健診センター」、大森駅前の「健診プラザOmori」も多くご利用頂いております。区の特定健診やがん検診も、大田区は「人間ドック健診センター」を、品川区は「健診プラザOmori」をご利用いただけます。今年も健診受診をお勧めいたします。
 地域包括ケアシステムの構築にも力を注いでおり、当法人主導の「おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)」はおかげ様で昨年10周年を迎えました。
 また、悩みを抱えているのは高齢者ばかりではなく、例えば子育て中の若いお母さんや子どもたちが気軽に相談したり話し合ったり出来る場所がないという現状に対し、一昨年5月「おおもり語らいの駅」をオープン。どなたでも気軽に立ち寄れ利用できる施設で、カフェタイムやチャレンジタイム、医療講座などを行っています。一昨年5月から昨年5月までの約1年間で、6000名以上にご利用頂き、特に65歳未満のご利用が60%を超え、この内小学生以下が30%弱を占めました。これこそ今指摘されている「地域共生社会」のひとつであると考えております。
 毎年多くご参加頂いております牧田総合病院学会は今回で第16回、今年の開催は2月23日(土)午後、大森東急REIホテルでの開催です。地域の方々に向けた身近な内容の講演など、無料ですのでどうぞお気軽にお越し下さい。
 平成が最後を迎える年になりますが、当法人は地域に根ざした医療機関としてまた新たな1年、職員一同頑張ってまいります。
 今年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成31年1月
社会医療法人財団 仁医会 牧田総合病院
病院長 小谷 奉文

    
ページの先頭へ