形成外科
職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬剤部ブログ

形成外科

外来担当表

受付時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
津田 13:30-15:30
<特診室>
佐々木 14:30-16:50

担当医師

津田 智子 (非常勤)
(つだ ともこ)
佐々木 淑恵 (非常勤)
(ささき よしえ)
 

「形成外科」という診療科のイメージがない方も多くいらっしゃると思いますが、人間のからだの表面、つまり頭のてっぺんからつま先までを扱っており、実は皆さんの生活の中で一番お役にたてる診療科の一つと考えています。
具体的には、

  • ホクロや粉瘤、脂肪腫などといった腫瘍(できもの)
  • 眼瞼下垂、睫毛内反(逆さまつげ)、霰粒腫などのまぶたの異常
  • 頬骨、眼窩底、下顎骨などの顔面の骨折、顔面神経麻痺の再建
  • 多汗症、腋臭症(わきが)・陥没乳頭、乳がん術後の乳房変形・臍ヘルニア(でべそ)・陥入爪(巻きづめ)・褥瘡(床ずれ)
  • 切創、擦過傷など体表面の傷やなかなか治らない潰瘍・熱傷(やけど)・傷が治った後のケロイドのような目立つ跡。
など非常に多岐にわたっています。

また、ボトックス注射や顔面のしわ取り、皮膚切除などの一部美容外科についてもご相談いただけます。

開設したばかりであり、ご来院される方のご要望に完全には応えられないこともあります、当院には小児病棟がないため入院が必要な小児の方は残念ですが対応できませんが、ご相談のうえ最善な方向となる手伝いをいたします。

これくらいのことで病院では診てくれないのでは?保険が効かないのでは?と思われているものでも、意外と保険診療の範囲で対応できるものも多いです。
もし、何か体表面のことで悩まれていることがあれば、手伝えることがあるかもしれません、どうぞお気軽に当科を受診してください。

形成外科で陥入爪治療を始めました!

2019年4月より、牧田総合病院 形成外科でワイヤー法による彎曲・陥入爪治療を開始しました。

ワイヤー法は自費診療となりますので、受診日当日から開始した方はその日の医療費は自費となります。

医師の判断により、後日から開始となった方はその日の医療費は保険適応で、ワイヤー法開始日から医療費が自費となります。

費用

初診料 3,000円(税抜)
再診料 1,500円(税抜)
ワイヤー法 初回 10,000円(税抜)
ワイヤー法 2回目以降 5,000円(税抜)

ワイヤー法について

爪甲(白い部分)に穴を開け、超弾性ワイヤーを挿入することで彎曲・陥入した爪甲を矯正します。

当院では超弾性ワイヤーは多摩メディカルのマチワイヤMD®を使用しています。穴開け時、挿入時に多少の痛みを生じることもありますが、基本的には痛みはなく、麻酔も必要ありません。

注意事項

  • すべての陥入爪の患者様に適応とはなりません。
  • 陥入爪の重症度により、ワイヤー法が適応にならない、もしくは手術を進めさせていただくこともございます。
  • 患者様の爪の状態、生活状態なども考慮した上で適応を医師が判断致しますので、ご不明点やご質問がありましたら遠慮なくお申し出下さい。

形成外科 手術実績

年間手術件数(2018年)
術式 件数
皮膚・皮下腫瘍摘出術 49件
眼瞼下垂症手術(瞼が下がるのを治す) 8件
鼻骨骨折手術 3件
四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術 2件
皮膚、皮下、粘膜下血管腫摘出術 2件
デブリードマン 2件
皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術 2件
瘢痕拘縮形成手術(傷跡、つっぱりを治す) 2件
全層植皮術 1件
ガングリオン摘出術 1件
総計 72件
ページの先頭へ