医療安全管理委員会
職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬学部ブログ

医療安全管理委員会

当院で起きている医療事故を収集し、全職種による委員会を定期的に開催して分析・対策立案をおこなっています。2度と同じような事故が起こらないようスタッフ全員で対策を実施するよう努めています。

医療安全管理室に専任の医療安全管理者がいます。患者様・患者ご家族の方で病院の安全対策に関してご意見をお持ちの方はどなたでも安全管理室までご意見をお寄せください。

医療安全管理指針

当施設は以下の「医療安全管理指針」に基づき患者さまが安全な医療を受けることが出来るよう、職員全員が勤めております。

[基本理念]
牧田総合病院は以下に掲げる「安全管理に関する考え方」に基づき、医療の安全管理の向上、および当院院是である「親切・愛情・丁寧」を実現することを図っていく。

1.常に「患者さん第一」に考える。
医療の場において患者を最優先させることは、古くから医療人の基本的な行動規範とされてきた。常に患者さんの利益のために万全の配慮がはらわれなければならない。そのような配慮に「抜け」が出来た時に発生している事故が少なくない。大部分の医療事故は患者さんに対する優しい心があれば防ぐことが出来るとも言われており、当院の院是は医療の基本とも言うべきものである。
2.人は過ちを犯すものという前提に立って、過ちを誘発しない環境や、過ちが患者さんの障害に発展しないシステムを当院全体で構築する。
リスクを分析、回避するために、インシデント・アクシデント報告書制度を定めた。原因分析に際して「誰が」ではなく、「何が」「何故」に視点をおき、総合的、継続的な医療の質の向上を図る体制を構築する。
3.インフォームド・コンセントに基づいた医療を行う。
医療の安全管理を推進する上において、医療に対する患者さんの積極的参加が重要である。そのために、医療に必要な情報提供を患者さんに十分おこなう。またその得られた情報を理解した上でくだされる患者さんの判断、選択は最大限に尊重する。
4.人間関係のよい環境づくりを心がける。
「人間関係の悪い職場は、事故の温床である」ということを熟知し、役割分担をしている各職種が、対等かつ自由に話し合える、明るい職場を作るように一人ひとりが努力する。
ページの先頭へ