高気圧酸素治療装置
職員募集内容
病院案内
診療科目一覧
外来診療表
検査予約
看護部
部門紹介・委員会活動
セミナー情報・メディア情報
臨床指標
関連施設
  • 牧田総合病院のBlog
  • 牧田総合病院 看護部ブログ
  • 牧田総合病院 薬学部ブログ

高気圧酸素治療装置

高気圧酸素治療専門医

荒井 好範
(あらい よしのり)
土居 浩
(どい ひろし)

高気圧酸素療法とは

地球上の空気は酸素濃度が21%で約1気圧の状態です。人間はその中で生活をしています。

高気圧酸素療法は、酸素を高い気圧の状態にしていろいろな病気の治療をします。 患者さんは透明なカプセルに入り、中の気圧を大気圧(1気圧)から徐々に加圧していき2気圧にします。ちょうど水深10メートルの圧力に匹敵します。

その状態で1時間程度安静にしていただき、その後徐々に減圧し大気圧に戻します。
治療時間は1時間半で、治療中はテレビを見ることも出来ます。

耳抜きについて

圧力を上げている間、患者さんは飛行機に乗ったときのように耳が「ツーン」としますので、唾を飲んだり、あくびをしたりして耳抜きをしてもらいます。 この耳抜きさえ出来れば痛くも痒くもありません。

治療の注意点

装置内は酸素が多く燃えやすくなっているため、衣類は専用の治療着に着替えていただきます。(下着も綿100%に近いものを着用ください)
また、以下の物品の持ち込みは禁止しています。

  • マッチ、ライターなどの火気
  • 使い捨てカイロなど熱の発生するもの
  • 携帯電話、補聴器、ラジオなどの電気機器
  • 腕時計、メガネ、入れ歯、指輪・ネックレスなどの金属類

※女性の患者さんは化粧、マニュキアなどをお控えください。(化粧品に可燃成分が含まれているため)
安全の確認のため、治療前に所持品検査をさせていただいております。

装置について

Sechrist 2800

当院の高気圧酸素治療装置は日本高気圧環境・潜水医学会の安全基準を満たした装置(第1種装置SECHRIST MODEL2800)です。


高気圧酸素の効果

  • 組織の酸素不足・欠乏を補う。
  • 身体内のガスの容積を少なくする。
  • 身体内の窒素を排泄させる。
  • 怪我の修復を早める。
  • 嫌気性細菌の殺菌作用。
  • 悪性腫瘍に対して行われる放射線治療の効果を高める。

適応疾患

  • 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒(間歇型を含む。)
  • 重症軟部組織感染症(ガス壊疽、壊死性筋膜炎)又は頭蓋内膿瘍
  • 急性末梢血管障害
  • 重症の熱傷又は凍傷
  • 広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害
  • コンパートメント症候群又は圧挫症候群
  • 脳梗塞
  • 重症頭部外傷後若しくは開頭術後の意識障害
  • 又は脳浮腫
  • 重症の低酸素脳症
  • 腸閉塞
  • 網膜動脈閉塞症
  • 突発性難聴
  • 放射線又は抗癌剤治療と併用される悪性腫瘍
  • 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  • 皮膚移植
  • 脊髄神経疾患
  • 骨髄炎又は放射線障害
  • 空気塞栓
  • 減圧症

外来通院での治療・疾患に関するご相談は予約センターへ。
入院での治療は医療介護連携室へご相談ください。

総合受付:03-3762-4671

ページの先頭へ